「ノマド生活」はコチラ

「独自ドメイン」の種類と値段とは⁈これを把握すれば、独自ドメインの選択に迷わない!

独自ドメインの種類と値段 アイキャッチ画像
独自ドメインの種類と値段 アイキャッチ画像

こんにちは。misaです。

みなさんは、サイトを立ちあげるときの「独自ドメイン」の種類で迷ったことはありませんか。

「独自ドメイン」を取得しようと思っても、ドメインの種類をどれにしようか?!と悩む人もいるかもしれません。

たとえば「.com」「.jp」「.co.jp」の種類は、日本ではよく取得されています。

私は最初に独自ドメインを取得するときは、ドメインの種類をどれにするか?!で悩みました。

ちなみに、このサイトのドメインの種類は「.jp」を取得しています。

それでは、今回は「独自ドメイン」の種類と値段について解説していきます。

「独自ドメイン」の種類と値段とは⁈【全体像】

ドメイン
ドメイン

まずは、「独自ドメイン」の全体像として、その種類と値段について解説していきます。

結論として、以下にまとめました。

「独自ドメイン」の種類と値段【全体像まとめ】
  • 種類は、たくさんありすぎ。
  • 種類には、向き不向きがある。
  • 種類は、「ネット検索上では差は無く、検索のされやすさには影響が無い」。しかし、「読者さんに馴染み(なじみ)が深いドメインかどうか」では 差がつく可能性はある。

※種類については、この記事の後半で詳しく解説していきます。

  • 値段は、新規で取得するのであれば 全体的に安価である(年単位:平均¥0~¥3000/年)
  • オプションを付けるか付けないか?!でも、値段が変わってくる。
  • 中古ドメインは、お値段がピンキリ。たとえば、何十万円する中古ドメインもある。

それでは、独自ドメインの値段について詳しく解説していきます。

  • 「中古ドメイン」について
  • 「オプション」について

上記について、詳しく解説していきます。

「中古ドメイン」について

通常は、新規でドメインを取得します。

しかし、ドメインには「中古ドメイン」 というドメインがあります。

「中古ドメイン」 とは、誰かが過去に使用していたドメインであり、そのドメインが売られているということです。

そして、なぜ売られているのか?!というと、たとえば 過去に集客力が高かったドメインだからです。

そのような「中古ドメイン」を購入して使えば、まずは集客に困らないという点が魅力です。

しかし、そのような集客に困らないという点が魅力の「中古ドメイン」 は、とても高価です。

集客に困らないとは言え、必ず集客が継続する保証はありません。

どういうことか?!というと、その「中古ドメイン」 を購入しても、そのドメインでサイトを継続的に更新していくのは購入者自身だからです。

継続的に集客が得られるかどうか?!は、「中古ドメイン」 を取得してからも継続的に上手くサイト運営を続けていけるかどうか?!にかかっています。

独自ドメインの「オプション」について

引用元:https://www.onamae.com

上記の画面は、私がお名前.com にて 新規で独自ドメインを取得したときのスクリーンショットです。

この中の以下2つが、独自ドメインのオプションです。

独自ドメインのオプション
  • Whois情報公開代行メール転送オプション
  • ドメインプロテクション

_Whois情報公開代行メール転送オプション(引用も元:公式「お名前.com」)

ドメインプロテクション(引用元:公式「お名前.com」)

オプションをつけるかどうか?!は、個人差がとてもあると思います。

個人的には、最初のうちは「Whois情報公開代行メール転送オプション」だけ付けていました。

しかし、途中からは、上記のオプション両方とも付けています。

途中からはオプション両方とも というのは、サイト構築を続けていくと決めてからです。

なので、オプションを付けるかどうか迷ったら、まずはオプション付けないという選択肢もありです。

オプションは必ず付けておく必要は無いので、オプションなのです。

それこそ、お金に余裕がある人は、最初からオプションを付けておくと良いでしょう。

しかし、お金にあまり余裕が無い・オプションにお金を掛けづらいなどと思う人は、まずはオプションを付けずに様子をみるのも良いでしょう。 

それでは、「独自ドメイン」の種類と値段【全体像】についてはココまでとします。

次項では、独自ドメインの種類について詳細を解説していきます。

スポンサーリンク

人気が高い「独自ドメイン」の種類とは⁈

人気が高い スーパーマン
人気が高い スーパーマン

ドメインには、人気が高いドメインと人気が低いドメインがあることをご存知でしょうか。

結論は、 「人気が高いドメイン=世の中で馴染み(なじみ)のあるドメイン」という認識で良いです。

たとえば、 人気が最も高いドメインは「.com」です。

次いで、「.jp」「.net」です。

世の中で馴染み(なじみ)のあるドメインであれば、読者さんからすると「安心する」ということになります。

なので、もしドメインの種類に迷ったら、まずは「.com」「.jp」「.net」のどれかを取得しておけば間違い無しです。

※「.jp」は、日本ということをアピールできるドメインの種類です。

それでは次項で、安価な「独自ドメイン」の種類を解説していきます。

スポンサーリンク

安価に抑えたい場合の「独自ドメイン」の種類とは⁈

お金 コイン 安価に
お金 コイン 安価に

やはり、できる限り安価で済ませたいですよね。

ということで、できる限り安価で済ませるには?!

人気の低いドメインを取得すること=世の中で馴染み(なじみ)が無いドメインを取得することです。

正直、人気の高いドメインというのは高価です。

なので、その反対である人気の低いドメインが安価です。

そして、キャンペーン期間を利用するのもありです。

人気が低い「独自ドメイン」の種類

人気が低い「独自ドメイン」は、¥0や¥1で取得できるドメインです。とても安価です。

たとえば、「.pink」「.pw」「.work」です。

「.work」は、仕事を示すドメインですが、取得している人は意外と少ないようです。

ちなみに、人気の無いドメインは たくさんありすぎて語りきれません。

しかし、さまざまなサイトを見てみて「このドメインはあまり見たこと無いかも?!」と思ったら、世の中では人気の無いドメインと思って正解です。

キャンペーンを利用する

できる限り安価で独自ドメインを取得するためには、キャンペーンを利用しましょう。

キャンペーンそのもの・キャンペーン期間を利用するということです。

私がおすすめなのは、A8.net に登録して→「セルフバック」を使う(お名前.com から独自ドメインを取得する)ことです。

それでは次項で、今回のまとめをします。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、 「独自ドメイン」の種類と値段について【全体像】を解説しました。

初心者で独自ドメインの種類に迷ったら、まずは人気の高い「独自ドメイン」を取得することをおすすめします。

実際に、私が最初に取得したドメインは「.jp」でした。

ドメインの種類で悩み始めたら、本当にキリが無いほどに迷ってしまう可能性は高いです。

なので、初心者であれば、ある程度のところでサッと決めてしまいましょう。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

お名前ドットコムで独自ドメインの取得 アイキャッチ画像

お名前.comで「独自ドメイン」を取得する方法を超絶わかりやすく解説します!

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください