「ノマド生活」はコチラ

WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法!自分のユーザーID、実は丸見えかも?!【セキュリティ対策】

こんにちは。misaです。

今回は、 WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説していきます。

なぜこのプラグインを設定するのか?!

実は、WordPressをいじらないまま(初期設定のまま)使っているのであれば…

「Wordpressにログインするときに使うID=ユーザーID」になったまま…

つまり、そのIDは丸見えのままだからです。

なので、 WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」を設定して、外部からIDが丸見えにならいいように(変換)していきます。

それでは、さっそく始めていきます。

WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法【手順】

まずは、Wordpressを開きます。


Wordpressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説
WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説

「今すぐインストール」をクリックします。

Wordpressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説
WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説

「有効化」をクリックします。

Wordpressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説
WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説

上記の画面になったら、一度 プラグイン設定の項目からは離れましょう。

そして、Wordpressのダッシュボードの「ユーザー」の「ユーザー 一覧」を開きます。

Wordpressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説
WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説

「編集」をクリックします。

そして、最下部までスクールしていきます。

そうすると、以下の画面になるので、「投稿者のスラッグ」で「カスタム設定:」を選択して編集していきます。

Wordpressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説
WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説

編集が完了したら、「プロフィールを更新」をクリックします。

以上、ココまでです。

おつかれさまでした。

それでは、さいごにまとめます。

まとめ

Wordpressのセキュリティ対策
WordPressのセキュリティ対策

今回は、 WordPressのプラグイン「Edit Author Slug」の設定方法を解説しました。

WordPressは初期設定そのままにしていると、実はIDが丸見えなんて 想像もつかなかった方もおられるかと思います。

ちなみに、外部から見て 何も手を加えなければIDは見えることがありませんが。ドメイン名のすぐ後に「?another=1」を付けると、簡単にIDがバレてしまうので、 やはり投稿者のスラッグは編集(変更)しておくべきでしょう。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください