「ノマド生活」はコチラ

最良なコンテンツ(記事の内容文)の作り方とは⁈リンクの方法までを徹底解説します!

最良なコンテンツ(記事の内容文)の作り方 アイキャッチ画像
最良なコンテンツ(記事の内容文)の作り方 アイキャッチ画像

こんにちは。misaです。

今回は、SEOの原動力となる 「最良なコンテンツの作り方」について解説していきます。

記事を作成するにあたり、最良なコンテンツとは何か?!にフォーカスします。

そして、 コンテンツにおける「リンク」の重要性も解説していきます。

それでは、まず 「コンテンツ」の意味からです。

「コンテンツ」の意味とは?!

意味
意味

まずは、ブロガーさんやWebライターさんがよく使っている 「コンテンツ」という言葉の意味について解説していきます。

結論としては、 「コンテンツ=(直訳すると)中身・内容」です。Webサイトでは、 「コンテンツ=具体的な情報(記事の内容文)」という意味です。

コンテンツの歴史と種類

コンテンツ(contents)という言葉は、インターネットや携帯電話が急速に普及した頃から、わりと一般的に使われるようになったと言われています。

そして、コンテンツには種類があります。

  • モバイルコンテンツ:スマートフォンやタブレット端末のコンテンツ
  • デジタルコンテンツ:映画や音楽などの知的コンテンツ
  • Webコンテンツ:Web上のサイトや記事などのコンテンツ

Webコンテンツは、情報発信としてのスピードがとても速く、情報をまとめたサイトなどもあり、とても便利ですよね。

まさに、今この場所が「Webコンテンツ」です。

そして、Webコンテンツには「ソーシャルメディアコンテンツ(SNSにおける集客)」や「セールスコンテンツ(販売を促す)」などがあります。

Webコンテンツの問題点

Web上にはさまざまなコンテンツが溢れていますよね。

なので、何が正しくて+より良いコンテンツなのか?!を見極めることに問題点があります。

悪質なサイトを見極めることは難しいかもしれませんが、悪質なサイトというのは 以下のようなものです。

注意:)悪質なサイト【特徴】

  • コピーページ
  • 自己中心的な売りつけ
  • ユーザーが不快な思いをする表現

上記3点に示した悪質なサイト【特徴】ですが、意外にも多いのがコピーページです。

私の添削者としての経験…

私は、2018年に「Webライターの添削者」をしていました。

そして、添削者は、ライターさんが他のページをコピーしていないかどうか コピーページのチェックを必ずします。

そこでは、事実 ライターさんがコピーページを作成していることがけっこう発覚していました。

発覚はしていましたが、添削者がコピーページのチェックをしていたので、世の中にその記事が公開される前に発覚→修正を経て、無事に記事が公開されるという流れでした。

私が添削者をしていたとき、「ライター初心者~ライティングに少し慣れたくらいの人」にコピーページを作成している人が多いなという印象を受けました。

ライティングには、かなり時間を要するのは言うまでもありませんので大変なのはわかります。

しかし、コピーページを作成するくらいなら、ライティングしないほうがマシですし、ライティングするべきではありません。

ちなみに、コピーページには 検索エンジンによりペナルティが与えられることになっているそうです。

それでは、暗いお話はココまでにしておきます。

次項では、「最良なコンテンツの作り方」を解説していきます。

スポンサーリンク

最良なコンテンツの作り方

コンテンツ マーケティング Webサイト
コンテンツ マーケティング Webサイト

まずは、結論から述べます。

最良なコンテンツの作り方【結論】

濃く・深く・狭く(専門性を高く)の3点を意識したコンテンツにすることが、最良のコンテンツです。

そして、検索エンジンを気にせずに、 「読者さんの悩みを解決するコンテンツ」「読者さんにとって 有益でプラスになるコンテンツ」が、最良のコンテンツです。

上記の「最良のコンテンツ」の作り方ですが、結論だけでイメージしていただけたかと思います。

しかし、現実問題としては、 最終的には「ユーザー(読者さん)がすべてを判断します」ということです。

人それぞれに感じ方や捉え方(とらえかた)が異なるので、コンテンツ(記事の内容文)の良し悪しについては、ライターも判断できませんし+Web上を常に巡回しているクローラーも判断できません。

やはり、「最良なコンテンツかどうか」は、 ユーザー(読者さん)それぞれの判断にゆだねるしかないというのが、最終的な結論になります。

とは言え、「最良のコンテンツかどうか」を少しでも判断できるような指針があると良いですよね。

その指針となるようなものが、たとえば「PV数(ページビュー数)」「そのサイトやその記事での滞在時間」などです。

良質なコンテンツであればあるほど、「最後まで読みたくなる」コンテンツであると言えるので、ユーザー(読者さん)のそのサイトやその記事での滞在時間は長くなります。

とは言え、がんばって作成したコンテンツが誰にも見られないなんてことがあったら、悲しいですよね。 

そこで、「作成したコンテンツを よりたくさんの人に見てもらう方法」として リンクという方法があります。

それでは次項で、 リンクについて解説していきます。

スポンサーリンク

コンテンツにおける「リンク」の重要性

リンク マーケティング SNS タグクラウド
リンク マーケティング SNS タグクラウド

がんばって作成したコンテンツですが、最初のうちは誰にも見られません(これは当然のことです)。

そこで、がんばって作成したコンテンツを少しでも早く より多くの人に見てもらいたいときには 「リンク」を使います。

たとえば、簡単にできることと言えば「FacebookやTwitterなどのSNS」にリンクすることです。

サイトまるごとをリンクしても良いですし、ひとつひとつ記事ができあがるごとにリンクするのもありです。

そのほかのリンクする方法としては、そのジャンルで影響力がある人に紹介してもらう。とは言え、これは最初のうちは無理な話なので(レベルが高い話なので)、今後のために まずはその人をフォローするところから始めるとかもありです。

どんなリンクの方法にせよ(正当であれば)、 リンク=より多くの人に情報(コンテンツ)を届けることができれば、まずは良いのです。

情報(コンテンツ)を届けること=コンテンツを知ってもらうことが、まずスタートとして重要です。

さきほど、どんなリンクの方法にせよ とは言いましたが、それにはいくつか種類があります。

リンクの種類

「他のサイトに掲載される」ということが共通に言えます。

  • 他のサイトに紹介される。
  • 参考URLとして。
  • 他のサイトに提供する。
  • まとめサイトに。
  • プレスリリースに。

※プレスリリース:情報(コンテンツなど)の告知や発表。

コンテンツがさまざまなところにリンクされると、検索での露出が増える(検索で表示される機会が増える)というプラスのスパイラルになります。

しかし、正直ここまでいくのがです。

なので、まずはできることから始めましょう。お手軽にできるのは、やはりFacebookやTwitterなどのSNSです。

それでは、さいごにまとめます。

スポンサーリンク

まとめ

ライター ブロガー コンテンツ作成
ライター ブロガー コンテンツ作成

今回は、 最良なコンテンツの作り方、そして リンクについて解説しました。

まずは、 最良なコンテンツを作成すること→そのコンテンツがより多くの人に届くようにリンクすることから始めましょう。

そして、プラスのスパイラルまでいけば、最も理想的です。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください