「ノマド生活」はコチラ

WordPressのプラグイン「Invisible reCaptcha」を設定して、サイトを保護する方法!

こんにちは。misa(@misatrombone)です。

みなさん、初めてサイトを運営するにあたり、最も不安なことは何でしょうか。

それは、おそらく「せっかく作ったサイトがバグらないかどうか」「サイトが外部から攻撃されないかどうか」だと思います。

そこで、サイトに記事を入れていく前に、サイトを守る(保護する)ことをしておくと良いのです。

ということで、今回は、 サイトを保護してくれるプラグイン「Invisible reCaptcha」の設定方法を解説します。

▶️Wordpressのプラグイン「Invisible_reCaptcha」そのものの説明はコチラ

それでは、詳細な設定方法(手順)の解説を始めます。

プラグイン「Invisible reCaptcha」の設定方法

reCaptcha 引用:Wordpress
reCaptcha 引用:Wordpress

ここでは、プラグイン「Invisible reCaptcha」の設定方法(手順)ステップ1~5までを詳しく解説していきます。

※今回は、私の他サイト「https://nomadsite.net」の設定をしていきます。

ステップ1:プラグイン「Invisible reCaptcha」をインストールする。

まずは、Wordpressを開きます。

Invisible reCaptchaの設定
Invisible reCaptchaの設定

プラグイン≫新規追加をクリックします。

そして、インストール≫有効化をクリックします。

ステップ2:Google recaptcha から「サイトkey」「シークレットkey」を取得する。

Googleのrecaptchaを開きます。

Google recaptcha
Google recaptcha

上記の画面で右上「管理コンソール」をクリックします。

Google recaptcha
Google recaptcha

上記の画面で(左)、reCAPTCHA v3を選択します。

ラベルドメイン追加をします。この2箇所に今回設定したいドメインを入力します。今回私の場合は、私の他サイト「nomadsite.net」を入力します。

入力が完了したら、上記の画面(右)のように【「nomadsite.net」が登録されました。】と表示されました。

そうすると、以下の画面になります。

Google recaptcha
Google recaptcha

上記の「サイトkey」「シークレットkey」をコピーしておきます(どこかにメモしておくように)。

ステップ3:再度、Wordpressを開いて設定していきます。そして、先ほど取得した「サイトkey」「シークレットkey」をWordpressへ入力して完了です。

それでは、再度、Wordpressを開きましょう。

Wordpress設定画面「nomadsite.net」
WordPress設定画面「nomadsite.net」

設定≫Invisible reCaptchaをクリックします。

画面を下へスクロールしていきます。

Get In Touch With Usをクリックします。

Wordpress設定画面「nomadsite.net」
WordPress設定画面「nomadsite.net」

上記①②③のように、それぞれの項目を入力して変更を保存します。

は…

サイトkeyを入力する。

シークレットkeyを入力する。

Japaneseを選択する。

Inlineを選択しておいたほうが無難である。 

は…

4項目すべてにチェックを入れる。 

は…

お問い合わせフォーム「Contact Form」にチェックを入れる。 

ステップ4:Wordpressのお問い合わせフォームに「サイトkey」「シークレットkey」を入力する。

続いて、Wordpressで設定(作業)をします。

Wordpress設定「nomadsite.net」
WordPress設定「nomadsite.net」

お問い合わせ≫インテグレーションをクリックします。

前々項で取得した「サイトkey」「シークレットkey」を入力して、変更を保存します。

ステップ5:さいごに、確認作業をします。

それでは、さいごステップ5として「サイトが保護されているのかどうか」の確認作業をします。

その確認作業は、めっちゃ簡単です。

今回設定したサイトを開いてみましょう(今回設定したサイトをインターネットで検索してみてください)。

※今回私が設定したサイトは「https://nomadsite.net」(ノマド生活の殿堂)です。

確認作業 https://nomadsite.net
確認作業 https://nomadsite.net

上記の画面(右下)「プライバシー・利用規約」のマークが表示されていることが確認できたので、これで良いということです。

以上、すべての作業は完了しました。

おつかれさまでした。

それでは、さいごにまとめです。

スポンサーリンク

まとめ

reCaptcha  引用:Wordpress
reCaptcha 引用:Wordpress

今回のWordpressのプラグイン「Invisible reCaptcha」は、無事に設定できましたでしょうか。

サイトを保護するという意味では、他の方法(たとえば、WordPressのプラグイン Akismet(アンチスパム))などもあります。

しかし、今回のreCaptchaは、サイトを見るだけでわかるので、読者さんにとってもすぐわかるという点が良いと私個人的には思っています。

reCaptchaでサイトを保護する=プライバシーを保護するということで、今回のプラグイン「Invisible reCaptcha」は設定しておくべきです。

それでは、今回はココまで。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください