「ノマド生活」はコチラ

【WordPress】Jetpack by WordPress.comの設定方法を誰にでもわかりやすく解説しています!

こんにちは。misa(@misatrombone)です。

今回は、WordPressのプラグイン 「Jetpack by WordPress.com」の設定方法を解説していきます。

プラグイン「Jetpack by WordPress.com」を使うと、何を設定できるのか?!は、こちら→#Jetpack_by_WordPresscomで設定可能なことをご覧ください。

それでは、プラグイン 「Jetpack by WordPress.com」の設定方法を解説していきます。

「Jetpack by WordPress.com」の設定方法

まずは、Wordpressを開きます。

※今回は、私の他サイト「nomadsite.net(ノマド生活の殿堂)」を設定していきます。

ステップ①:インストール→有効化

Jetpackの設定
Jetpackの設定

画面を下にスクロールしていきます。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「管理画面表示」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「プラグイン」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

プラグインの新規追加で、「jetpack」と入力します。

そして、上記のプラグイン「Jetpack by WordPress.com」の「今すぐインストール」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「有効化」をクリックします。

ステップ②:Wordpress.comへログインする→Jetpackの大枠な設定を完了する

Jetpackの設定
Jetpackの設定

画面の下までスクロールしていきます。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「Jetpackを設定」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「Wordpress.com」にログインします。

※もし、「Wordpress.com」に未登録の場合は、ここで登録しておきましょう。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

これで、Jetpackの設定が完了しました。

それでは、これ以降では、 無料プランまたは有料プランを選択して、詳細の設定をしていきます。

※今回は、有料プランを使いません。

今から、 無料プランの詳細な設定をしていきます。

ステップ③:無料プランを選択する【詳細な設定】

前項の画面を、下へスクロールしていきます。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

無料プランでスタート」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「続ける」をクリックします。

ステップ④:セキュリティ【詳細な設定】

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「試す」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「サイトがオフラインになった場合に~」をONにします。

「Wordpress.comの登録メールアドレスに~」をONにします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「悪意のあるログイン~」をONにして、「設定を保存」をクリックします。

「サイトはスパムから~」の「設定を保存」をクリックします。 

「ユーザーがWordpress.comアカウントを~」をONにします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

以上で、Jetpackのセキュリティの詳細な設定は完了しました。

そうすると、以下のような画面になりますので、設定を進めて行きましょう。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

プライバシーの「公開」を選択し、「設定を保存」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定
  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
  • サイトアイコン

※上記3点をそれぞれ設定しましょう。

※サイトアイコンを選択したら、「画像を変更」をクリックします。

以下、Jetpackのダッシュボードで、「有効化」をクリックします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定
Jetpackの設定
Jetpackの設定

ステップ⑤:パフォーマンス【詳細な設定】

次に、Jetpackのパフォーマンスの詳細な設定をしていきます。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「画像のパフォーマンス」をONにします。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「サイトアクセラレーター~」をONにします。

「画像の読み込みを~」をONにします。

「静的ファイルの~」をONにします。

「画像の遅延読み込み~」をONにします。

以上で、Jetpackのパフォーマンスの詳細な設定は完了しました。

ステップ⑥:執筆【詳細な設定】

執筆の詳細な設定は、必要か不要か?!は、どのテーマを使っているのか?!などに関係してきます。

なので、個人的には 執筆の詳細な設定は、特に何もしません。

ステップ⑦:共有【詳細な設定】

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「投稿をソーシャルネットワーク~」をONにします(※特に、任意な設定です)。

ここでは、TwitterやFacebookなどとWordpressを自動共有したい場合だけONにします。

そして、その詳細は「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックすれば、以下のような設定できる画面になります。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

連携したいソーシャルメディアの「連携」をクリックして、ソーシャルメディアとWordpressを連携していきましょう。

以上、Jetpackの共有の詳細な設定でした。

ステップ⑧:ディスカッション【詳細な設定】

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「紹介からのコメント」は、コメントの言葉を自由に編集できます。今回 私は、コメントをお願いしますに編集しました。

Jetpackの設定
Jetpackの設定

特に、任意ですが、個人的には すべてONにしました。

「設定を保存」をクリックして、完了です。

ステップ⑨:トラフィック【詳細な設定】

Jetpackの設定
Jetpackの設定

「投稿の後に~」をONにします。

「見出し付きの~」をONにします。

「使用可能な~」をONにします。

以上で完了です。

ステップ⑩:まとめ

以上、Jetpackの基本的な詳細な設定(セキュリティ、パフォーマンス、執筆、共有、ディスカッション、トラフィック)は完了しました。

おつかれさまでした。

しかし、今回 設定したのは 無料プランです。

有料プランになると、もっと高度な設定ができるようになるようです(私は、無料プランのみを使っていますが)。

無料プランにするのか有料プランにするのか?!は、個々で決めていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

プラグイン
プラグイン

今回は、WordPressのプラグイン 「Jetpack by WordPress.com」の設定方法を解説しました。

今回重要なことは、プラグイン 「Jetpack by WordPress.com」を使って設定する項目、そうでない項目は、自分で決めていかなければならない ということです。

プラグイン 「Jetpack by WordPress.com」ではなく、他のプラグインなどを用いて設定できる項目もありますので、試行錯誤して決めていくべきです。

それでは、今回はココまで。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください