「ノマド生活」はコチラ

中級者向け!考慮するべきプラグイン(plug-in)!Wordpres(ワードプレス)のためのおすすめプラグイン(plug-in)を7選ご紹介します!

考慮するべきプラグイン 7選 アイキャッチ画像
考慮するべきプラグイン 7選 アイキャッチ画像

こんにちは。misaです。

サーバーをレンタルし、ドメインを取得し、Wordpressをインストールして、そしてWordpressをカスタマイズしていく。

WordPressをインストールし、テーマを設定すれば 記事を書くことはできますが、必ずぶち当たるのが プラグインですよね。

最低限入れておきたいプラグインはあると思いますが、このプラグインがあれば もっと良くなるかも?!というプラグインを今回は7選(以下①~⑦)ご紹介していきます。

あれば もっと良くなるプラグイン7選【Wordpress】

※以下の①~⑦の番号は、今回解説していくためにわかりやすいように設定しているだけなので、実際に使うときは順不同で良いです。

  • ①All-in-One WP Migration
  • ②Category Order and Taxonomy Terms Order
  • ③Advanced Ads
  • ④Classic Editor
  • ⑤Easy FancyBox
  • ⑥Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)
  • ⑦SNS Count Cache

以上です。

それでは、ココからは ①~⑦それぞれについて解説していきます。

①All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migration プラグイン  引用元:Wordpress
All-in-One WP Migration プラグイン  引用元:Wordpress

このプラグインは、Wordpressのデータを簡単にインポート・エクスポートできるため、サイトの移転やデータ保存に役立つプラグインです。

しかし、ひとつ弱点があります。

それは、データ容量の問題です。

私も使ったことがあるのですが、無料枠のデータ容量では収まりきらなかったことがありました。

その場合、有料枠に設定しなければなりません。

なので、私は有料を避けるため、使うのを止めました。

しかし、無料枠でインポート・エクスポートのボタンを押すことはしてみたのですが、ボタンひとつ押すだけということで、簡単ではあると思います。

記事をたくさん生産しているサイトには、無料枠では収まりません、きっと。

試しに一度実行してみるのはありだと思います。

無料枠でいけたら、それはそれでお得ですしね。

スポンサーリンク

②Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Order プラグイン  引用元:Wordpress
Category Order and Taxonomy Terms Order プラグイン  引用元:Wordpress

このプラグインは、カテゴリーの順番を入れ替えることができるプラグインです。

サイトを構築していると、カテゴリーを分けている方が大半だと思います。

そして、記事数が増えてきたときに カテゴリーの数も増やしていくことが多いでしょう。

たとえば、カテゴリーの数を3つに分けているときは、カテゴリーの順番を考えることもないかもしれません。

ですが、カテゴリーの数を5つ以上に分けていくと、きっと そのカテゴリーの並び順が気になってくるでしょう。

そんなときに、このプラグインを使うと、カテゴリーの順番をいつでも並び替えることができるので、とても便利なのです。

ということで、このプラグインは、カテゴリーの順番を気にしない方には不要なプラグインですが、カテゴリーの順番を気にする方には必要なプラグインです。

Wordpressのプラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」の設定方法 アイキャッチ画像

WordPressのプラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」の設定方法と使い方について、わかりやすく解説しています!

スポンサーリンク

③Advanced Ads

Advanced Ads プラグイン  引用元:Wordpress
Advanced Ads プラグイン  引用元:Wordpress

さて、サイト運営をしている方のなかには、おそらくGoogleアドセンスへ申請をしたことのある方・これから申請しようかなと思っている方もおられると思います。

それでは、Googleアドセンスへ合格したとして、このプラグインのお話をしていきます。

Googleアドセンスに合格してから使うべきプラグインがAdvanced Adsです。

このプラグインを使うことにより、Googleアドセンスの広告を記事に表示させることができます。

使い方は、少し設定しなければなりませんが、私は このプラグインは使いやすいと思います。

プラグイン「Advanced Ads」【単純説明】
  1. プラグイン「Advanced Ads」をインストール→有効化します。
  2. プラグイン「Advanced Ads」に、自分のアドセンスIDを入力します。
  3. 広告ユニットを作成します。
  4. 作成した広告ユニットの配置先を設定します。
  5. アドセンスコードを挿入(入力)します。
スポンサーリンク

④Classic Editor

Classic Editor プラグイン  引用元:Wordpress
Classic Editor プラグイン  引用元:Wordpress

このプラグインは、エディタを旧エディタのまま使用できるプラグインです。

なぜ旧エディタのまま使用できるプラグインが必要なのか?!と言うと、最近、「Gutenberg(グーテンベルク)」というプラグインが開発されたからです。

「Gutenberg(グーテンベルク)」は、より執筆に集中できるように・HTMLがわからなくても簡単に編集できるようにと開発されたプラグインのようです。

しかし、「Gutenberg(グーテンベルク)」は まだ使用されている件数が少ないためか?!いまのところ、評価も高くありません。

ゆくゆくは、すべて「Gutenberg(グーテンベルク)」に対応しなければならないのかもしれません。

私は、いまのところ(2019年6月 現在)、Classic Editorで対応しています。

⑤Easy FancyBox

Easy FancyBox プラグイン  引用元:Wordpress
Easy FancyBox プラグイン  引用元:Wordpress

記事を書いていると、メディア(画像や写真)をすることがあると思います。

その記事内に挿入したメディア(画像や写真)、そしてサムネイル画像(アイキャッチ画像)をクリックしたときに拡大ポップアップ表示させることができるプラグインがEasy FancyBoxです。

このプラグインは無くても良いのではないか?!と思う方もおられると思います。

しかし、読者さんのことを考えると、このプラグインは有ったほうが良いです。

なぜなら、近年では パソコンよりもスマートフォンで Webページが読まれることが多いからです。

スマートフォンはパソコンに比べると、だいぶ画面が小さいですよね。

そんなスマートフォンでも見やすいようにメディア(画像や写真)を充分に表示させるには、やはりこのプラグインは有ったほうが良いと言えます。

⑥Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP) プラグイン  引用元:Wordpress
Google Analytics Dashboard for WP (GADWP) プラグイン  引用元:Wordpress

サイトを構築している方であれば、おそらく「どの記事に いつ 何人の方がアクセスしてくれているのか」など気になると思います。

そこで、アクセス数を知るために、Googleアナリティクスを使いますよね。

しかし、このプラグインを使うと、Googleアナリティクスの画面をわざわざ開かなくても アクセス数をWordpressのダッシュボード上で確認することができるようになります。

ということで、このプラグインは とても便利なプラグインと言えますね。

また、このプラグインは、すでに日本語化されているので、それも魅力のひとつと言えます。

私も、取り入れているプラグインです。

⑦SNS Count Cache

SNS Count Cache プラグイン  引用元:Wordpress
SNS Count Cache プラグイン  引用元:Wordpress

このプラグインを「インストール→有効化→アプリIDとapp secretを取得・設定」することにより、SNSボタンにシェア数を表示することが可能です。

SNSボタンと言えば、FacebookやTwitterやPocket などですね。

しかし、SNSボタンをすでに設置していることが必要です。

ちなみに、私は、このプラグインに関しては、ゆくゆくは使ったほうが良いのかな?!と思ってはいます。なので、いまのところは「インストール→有効化」まで済ませていますが、まだ設定まではしておりません。

SNSボタンについて(無料テーマと有料テーマの違い)

私は、有料テーマであるWordPressテーマ「ストーク」 を使用している関係で、最初からSNSボタンが設置されています。

おそらく有料テーマであれば、WordPressテーマ「ストーク」 のように 最初からSNSボタンが設置されていることも多いのではないかと思います。

ストーク おすすめ 有料テーマ アイキャッチ画像

WordPressのテーマ「ストーク(STORK)」がめっちゃおすすめ!ワードプレスの有料テーマで最もおすすめ!その理由とは?!

しかし、無料テーマの場合は、SNSボタンの設置から自分で設定しなければならないという場合が多いです。

テーマ 無料と有料 アイキャッチ画像

WordPressの「テーマ」は無料のテーマでも充分?!有料のテーマを使うべきか?!

まとめ

プラグイン
プラグイン(イメージ)

それでは、今回のまとめです。

今回は、WordPressにおける考慮するべきプラグイン(plug-in)7選ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

プラグインは、目的によって必要・不要はあると思います。

自分にとって本当に必要なプラグインはどれなのか、ぜひ一度 考慮ください。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください