「ノマド生活」はコチラ

【初心者】WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」でサイトマップを自動生成する方法!

こんにちは。misa(@misatrombone)です。

今回は、 WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」で サイトマップを自動生成する方法(手順)をわかりやすく解説します。

サイトマップ(=サイト内をわかりやすくするための地図、カテゴリー分けを一目瞭然にする地図)は、サイト構築の最初のうちは不要ですが、記事数が増えてくると、サイト内の記事を整理するために、読者さんからサイト内の記事を見やすくするために、必ず生成しておくべきです。

それでは、さっそく生成方法(手順)を解説していきます。

WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」でサイトマップを自動生成する方法(手順)

まずは、Wordpressを開きます。

※今回は、私の他サイト「https://nomadsite.net」のサイトマップを生成していきます。

ステップ1:プラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールして有効化する。

プラグイン「PS Auto Sitemap」
プラグイン「PS Auto Sitemap」

上記①②③は…

プラグイン≫新規追加≫「PS Auto Sitemap」インストール≫有効化をクリックします。

ステップ2:固定ページにサイトマップを生成する。

再度、Wordpressの管理画面に戻ります。

固定ページにサイトマップを生成する
固定ページにサイトマップを生成する

上記①は…

固定ページ≫新規追加をクリックします。

上記②は…

コードエディター(テキストエディタ)を選択しておきます。

固定ページにサイトマップを生成する
固定ページにサイトマップを生成する

上記③は…

タイトルを入力します(たとえば、サイトマップ)。

テキスト部分に、<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->と入力します。

上記④は…

パーマリンクを入力します(たとえば、sitemapやsite-map)。あまりややこしいパーマリンクにはせずに、サイトマップということがすぐわかるようなパーマリンクにしておきましょう。

上記⑤は…

上記③④まで入力をしたら、公開をクリックします。

ステップ3:公開後に表示されるIDをメモしておく。

IDをメモしておく
IDをメモしておく

公開後にブラウザに戻り、IDをメモしておきます。

IDは、おおむね数字3桁です。

ステップ4:先ほどメモしたIDなどを入力していく。

PS Auto Sitemap 詳細設定
PS Auto Sitemap 詳細設定

上記①②③④は…

設定≫PS Auto Sitemapをクリックします。

②③のチェックを入れる項目や選択項目は、上記のようにします(※場合によっては、自分なりに決めるのも良いと思います)。

③では、の部分にIDを入力します。

④では、スタイルの変更をどれか選択します。上記の設定では「シンプル2」にしていますが、今回は後ほど「矢印」を選択しました。※スタイルの変更は、自分好みのどれかを選択しましょう。私個人的には「スタイルなし」がおすすめです。

以上、ココまで入力できたら、変更を保存をクリックします。

設定はココまでで終了ですが、さいごに確認作業(ステップ5)をしておきましょう。

ステップ5:さいごに、サイトマップを確認する。

先ほど前項で、スタイルの変更「矢印」にしましたが、それがどのように表示されているのか、実際に確認してみましょう。

それでは、今回設定した私の他サイト「https://nomadsite.net」を検索して確認します。

https://nomadsite.net
https://nomadsite.net

サイトマップをクリックします。

https://nomadsite.net
https://nomadsite.net

以上、これでサイトマップが生成されたことを確認できました。

完了です。おつかれさまでした。

それでは、補足としてWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法(手順)を解説していきます。もし、まだ設定していなければ、「Google XML Sitemaps」のほうも設定する必要があります。

スポンサーリンク

補足:)Wordpressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法(手順)をわかりやすく解説します!

【初心者】WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法(手順)をわかりやすく解説します!

スポンサーリンク

まとめ【重要:結局は2種類のサイトマップを生成する必要がある】

ココまで読み終えていただき、サイトマップには、実は2種類あることに気づいたと思います。

サイトマップ(2種類)
  • WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定:XMLサイトマップ(Google検索エンジン向け)
  • WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」の設定:HTMLサイトマップ(ユーザー向け、読者さん向け)

結論としては、サイト構築において、2種類のサイトマップはどちらも必須です。

そして、サイトマップに関しては、一度設定したら終わりなので、早めに済ませておくと良いでしょう。

それでは、今回はココまで。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください