「ノマド生活」はコチラ

【SEO対策の極意】キーワードの抜群な使い方!タイトル、メタディスクリプション 、見出しの重要性!

【SEO対策の極意】キーワードの抜群な使い方 アイキャッチ画像
【SEO対策の極意】キーワードの抜群な使い方 アイキャッチ画像

こんにちは。misaです。

さっそくですが、記事を作成していると、キーワードの選択に悩むときがくるかもしれません。

そんなときには、「キーワード検索ができるツール」を使いますよね。

そして、キーワードを決めて(選択して)→記事を書き始めますよね。

しかし、そのキーワードを記事へどうやって反映すれば良いのか?!悩んでいる人も多いかもしれません。

そこで今回は、「検索キーワード」を検索した上で→ そのキーワードを記事へどのように反映させていけば良いのか?!を解説していきます。

と、その前にやるべきこと キーワードを決定(選択)した後に まずやるべきことは「上位検索」!から解説していきます。

キーワードを決定(選択)した後に まずやるべきことは「上位検索」!

順位(1位、2位、3位)
順位(1位、2位、3位)

キーワードを決定(選択)した後に まずやるべき重要なことは、「そのキーワードでの 上位検索」です。

どういうことか?!というと、結論、 決定(選択)したキーワードを、実際にインターネットで検索をかけてみる→上位(3位まで)の記事を読んでみる→そして、これら上位の記事に勝てる記事を作成していくということです。

しかし、どうすれば上位の記事に勝てる記事を作成できるのか?!

→記事の内容は もちろん最重要ですが、記事の内容を良くしていくには経験が付きものです。

→となると、そのほかすぐに誰にでもできそうなことが知りたいですよね。それが、キーワードを記事へ反映させる方法なのです。

それでは、実際にどのようにキーワードを記事へ反映させるのか?!を解説していきます。

スポンサーリンク

キーワードの抜群な使い方!

ここからは、 キーワードの抜群な使い方!を解説していきます。

つまり、 キーワードを記事へ 抜群に反映させる方法です。

その方法は、主に3つあります。

キーワードの抜群な使い方!【3選】
  • タイトル
  • メタディスクリプション(meta description)
  • 見出し

それでは、それぞれについて解説していきます。

タイトルをしっかり決めること

タイトルをしっかり決めること【結論】
  • 「何のページなのか」が一瞬でわかるようなタイトルにすること。
  • 重要なキーワードをタイトルに入れること。
  • 重要なキーワードをタイトルの前半に置くようにすること。
  • タイトルの文字数の理想は25~32文字だが、臨機応変に設定するべきである。
  • タイトルとページの内容に大きなズレがないようにすること。

インターネットで検索をしたときに、まずは タイトルに目がいきますよね。

インターネットで検索したときの「タイトルの位置」
インターネットで検索したときの「タイトルの位置」

ということで、タイトルは記事を書く上で最重要です。

どんなタイトルをつけるかによって、読者さんにその記事が読まれるかどうか?!が決まってきます。

(タイトルを見て、スルーされてしまうのか)

(タイトルを見て、その記事が読まれるのか)

つまり、簡単に言うと 「読者さんの目に留まるタイトルをつけること」が重要です。

メタディスクリプション(meta description)の内容を設定すること

メタディスクリプション(meta description)の内容を設定すること【結論】
  • 「何のページなのか」が具体的にわかるような内容を入力すること。または、メタディスクリプションに何も書かなくても良い。
  • 「メタディスクリプション=その記事の概要」である。
  • メタディスクリプションの文字数は約50~100文字が理想的である。
  • メタディスクリプションに、重要なキーワードを含めるべきである。
  • メタディスクリプションは、インターネット上の(検索エンジンの)ランキングには関係しない【デメリット】

インターネットで検索をしたときに、タイトルのすぐ下に表示されているのが メタディスクリプションです。

インターネットで検索したときの「メタディスクリプションの位置」
インターネットで検索したときの「メタディスクリプションの位置」

インターネットで何かを検索すると、まずはタイトルに目がいきますよね。

そして、タイトルの次に目がいくのはどこでしょうか?!

そう、タイトルのすぐ下の部分です、まさにこれがメタディスクリプションなのです。

ということで、インターネット上に記事を公開する上で最も重要なのがタイトルですが、その次に重要となるのはメタディスクリプションです。

とは言え、実は「メタディスクリプションは、インターネット上のランキングには関係しない」というデメリットがあります。

デメリットはあるものの、読者さんのことを考えると、やはりメタディスクリプションには「その記事の概要」をある程度は入力しておいたほうが良いです。

しかし、たとえば「ひとつのサイトで膨大な記事数をかかえている場合、ひとつひとつの記事にメタディスクリプションを入力するのは大変な苦労となります」→なので、このような場合は、メタディスクリプションにはあえて何も入力しないという選択肢をとっても良いでしょう。

「見出し」にキーワードを含めること

「見出し」がSEO対策として重要なのかどうか?!と疑問をもつ人もおられるかもしれません。

しかし、結論は 「見出しはSEO対策として重要である」ということです。

「見出し」にキーワードを含めること【結論】
  • 「見出し」に重要なキーワードを含めること。
  • 「見出し」は、できる限り簡短に設定すること。しかし、必要ならば長い見出しになっても良い(臨機応変に)。
  • ひとつの記事に対して「見出し」が多すぎないようにすること。
  • 「見出し」の段階が細かい層まで設定しないこと。
  • 「見出し=目次(コンテンツ)」と自動的になるように サイトを設定すること。

「見出し」にも重要なキーワードを含めることがSEO対策になります。

そして、見出しは簡短なほうが良いです。しかし、長くしなければその内容がわかりにくい場合は長くしたほうが良いです。

要するに、読者さんが「見出しを見れば、その内容の外枠が理解できる」ような見出しをつけることが重要です。

そして、見出しの数にも注意します。ひとつの記事に対して 見出しの数があまりにも多すぎると、その記事をすべて読み終えるまでに時間がかかってしまうかも?!と読者さんに思われてしまう可能性が高いからです。

さらに、見出しの段階が細かい層まで設定しないことが重要です。

そして、「見出し=目次(コンテンツ)」と自動的になるように サイトを設定することが重要です。

「見出し=目次(コンテンツ)」と自動的になるように設定できるプラグイン【Wordpress】

WordPressの場合は、Table of Contents Plusというプラグインを使えば「見出し=目次(コンテンツ)」と自動的になるように設定できます。

「プラグイン20選」の⑰Table of Contents Plusをご覧ください。

「見出し=目次(コンテンツ)」と自動的になるように設定しておいたほうが、記事を作成していく上では 正直ラクです。

ちなみに、この設定をした実際の表示(インターネットに公開)は、コチラの画面↓です。

「見出し=目次(コンテンツ)」と自動的になるように設定済み
「見出し=目次(コンテンツ)」と自動的になるように設定済み

この設定をしておくと、読者さんにわかりやすく表示できるのはもちろん、記事の作成者(ライター)にとっても 記事を整理しながら作成できるので、これは大きなメリットです。

それでは、さいごにまとめます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、 上位検索をして→キーワードの抜群な使い方を解説しました。

「上位検索」について【まとめ】

自分が使おうと思っているキーワードを実際にインターネットで検索してみる。

→そのキーワードで上位(3位まで)にあがってきた記事を読んでみる

それら上位(3位まで)の記事に勝てる記事を作成する。

キーワードの抜群な使い方【まとめ】
  • タイトルをしっかり決めること。
  • メタディスクリプション(meta description)の内容を設定すること。
  • 「見出し」にキーワードを含めること。

そして、なによりも忘れてはならないことは「読者さんにとって 役に立つ記事を作成すること」です。

さまざまなSEO対策があるとは言え、根本的な部分は やはり読者さんにとって 役に立つ有益な情報を発信できているかどうか?!というところです。

さらに言うと、有益な情報だとしても わかりにくい表現や難しい言葉だったりすると、それはそれで良くありません。

なので、読者さんにとって わかりやすい(読みやすい)記事を作成していくことが重要です。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

コンバージョンとキーワード検索 アイキャッチ画像

「検索キーワード」を検索する方法【3選】とコンバージョンとは?!【SEO対策】

SEO対策と検索エンジン アイキャッチ画像

検索エンジンとは?!その重要性と賢さ!そして、本来のSEO対策とは?!

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください