「ノマド生活」はコチラ

WordPressでサイト改訂「サイト名を変更後にするべきこと」をすべてまとめて解説します!

Wordpressでサイト改訂「サイト名を変更後にするべきこと」 総まとめ アイキャッチ画像
Wordpressでサイト改訂「サイト名を変更後にするべきこと」 総まとめ アイキャッチ画像

こんにちは。misaです。

今回は、 WordPressでサイト改「サイト名を変更後にするべきこと」をすべてまとめて解説していきます。

サイト名=サイトのタイトル

サイト改訂なんて、やらなくて済むならそのほうが良いに決まっています。

しかし、私は今回サイト改訂をすることを決めました。

私が今回なぜサイト改訂をすることを決めたのか?!サイト改訂をする必要がある場合はどんなときなのか?!から解説していきます。

それでは、ご覧ください。

サイト改訂をする必要がある場合とは?!

サイトを作成する前には、おおむね「どんなサイトにしていこうか」と考えますよね。

なので、サイトを改訂するということには、なかなかならないはず。

しかし、実際にサイトを作成していくと、途中で行き詰まってしまう場合も出てくるかもしれません。

そして、そのときに サイト改訂を考えるかもしれません。

サイト改訂を考えてしまうほどの状況というのは かなり追い込まれている状況ですが、その状況というのは 人それぞれ異なりますよね。

そして、実際にサイト改訂をするべきかどうか悩んでいるのであれば、ひとつの基準として、以下を参考にしてみてください。

サイト改訂をするべき共通する状況としては、ただひとつ 「そのサイト名では、なかなか記事作成が進まないとき」です。

ちなみに、私が今回サイト改訂をすると決めた理由も、記事作成がなかなか進まなかったからです。

そして、記事作成がなかなか進まなかった理由としては、好きだからという理由で、それをサイトのジャンルにしてしまっていたからです。つまり、「(旅行のサイトを作っていましたが)旅行そのものは好きでも、旅行サイトを作るとなるとなかなか記事作成が進まなかったから」です。

一見すると、好きなことをサイトのジャンルにすることは良いように考えられますが、そのジャンルによっては、そうでもありません。

というのも、私が選んだ「旅行」というジャンルは、調べることが多すぎたからです。

もちろん、より良い記事にするためには、調べるということをはずすことはできません。

しかし、私自身にとって「旅行」のことを調べ尽くして→これらを記事にすることは、とても大変なことでした。

もちろん、「旅行のジャンルなら、記事が書きやすい」と思う人もいるでしょう。

なので、一概には言えませんが、サイトのジャンル選びは「好きなこと≠サイトのジャンルにする」でも良いのです。

ということで、結論、 記事を作成することに行き詰まり過ぎたら、サイト改訂を検討したほうが良いでしょう。

そして、サイト改訂をするなら、できる限り早いうちにしてしまいましょう。

※もちろん、サイト改訂をしないに越したことはないということをお忘れなく。

スポンサーリンク

WordPressでサイト改訂「サイト名とキャッチフレーズ」を変更する方法

それでは、さっそく始めます。

今回は、私が運営しているサイト「Travel channel」を「misa channel」へ改訂していきます。

まずは、Wordpressを開きます。

Wordpressのサイト改訂
WordPressのサイト改訂
Wordpressのサイト改訂
WordPressのサイト改訂

上記の画面の「設定」をクリックします。

そうすると、以下の画面になります。

Wordpressのサイト改訂
WordPressのサイト改訂

今回改訂するのは、 「サイト名とキャッチフレーズ」なので、直接ここで編集(改訂)します。

※サイト名に合わせて、キャッチフレーズも改訂します。

Wordpressのサイト改訂
WordPressのサイト改訂

ここで、「デフォルトカテゴリー」の項目がありますが、この項目を変更したい場合は、先にカテゴリーを編集(改訂)しておく必要があります。

※デフォルトカテゴリーの編集は、後ほどします。

上記の画面で「←」をクリックします。

そうすると、以下の画面になります。

Wordpressのサイト改訂
WordPressのサイト改訂

以上で、Wordpressでサイト改訂「サイト名とキャッチフレーズ」を変更完了です。

ですが、合わせて編集(改訂)しておくべき作業がまだあります。

それは、エックスサーバー、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソール、広告サイトの情報などです。

それでは、これらの編集(改訂)もしていきましょう。

スポンサーリンク

エックスサーバー側で「サイト名の改訂」はしなくて良いので、スルーします。

WordPressのほうでサイト名を編集(改訂)したら、 レンタルサーバーのほうにもそれをお知らせしておかなければならないと思いがちなのですが、実は 何もしなくて良いので、スルーします。

※私は、レンタルサーバーとしてエックスサーバー を使用しています。

エックスサーバー では、WordPress簡単インストールという機能がありますが、私はこの機能からWordpressをインストールしました。

ちなみに、エックスサーバー では、自動更新という機能が備わっているので、エックスサーバー側にサイト名の変更を示さなくて良いとされています。

念のため、エックスサーバーへ問い合わせをしましたが、その返信がこちら(以下の画面)です。

エックスサーバーからの返信
エックスサーバーからの返信

以上、エックスサーバーに関しての解説はココまでとしておきます。

それでは、他の作業を進めていきます。

スポンサーリンク

Googleアナリティクス「サイト名の改訂」

Googleアナリティクスとは⁈については、以下のWikipediaをご覧ください。

簡単に言えば、「Googleアナリティクス」=「アクセス解析」です。

Wikipediaより「Google_Analytics(グーグル アナリティクス)」とは⁈

それでは、さっそく始めます。

まずは、 Googleアナリティクスを開きます。

Googleアナリティクスの編集
Googleアナリティクスの編集

そして、念のため、改めてGoogleアナリティクスにログインして、ちゃんと編集完了しているかどうか確認しておきましょう。

Googleアナリティクスの編集完了(確認)
Googleアナリティクスの編集完了(確認)

上記の画面をご覧ください。ちゃんと編集完了していることが確認できました。

以上、これで完了です。

WordPressのカテゴリーを編集(改訂)する

前項で解説しました「Googleアナリティクス」に関しては、先に編集(改訂)しておいたほうが良いのですが、「Googleサーチコンソール」にサイト名の編集(改訂)をお知らせする前にやっておくべきこと= 「Wordpressのカテゴリーを編集(改訂)すること」です。

ということで、 WordPressのカテゴリーを編集(改訂)をします。

Wordpress カテゴリーを編集(改訂)・削除
WordPress カテゴリーを編集(改訂)・削除

カテゴリーは、いくつか(複数)作成しますが、たとえば、今回 新しいカテゴリーとして「トレンド / 最近のニュース」を作成するとします。

Wordpress カテゴリーの新規追加
WordPress カテゴリーの新規追加

これらをいくつか(複数)実行し、カテゴリーを新規作成していきましょう。

※私が今回、新規作成したカテゴリーは「親カテゴリーを5項目、子カテゴリーを15項目」です。

以上、ココまでです。

WordPressの記事を編集(改訂)する

サイト改訂=「記事を改訂する」ということでもあります。

不要な記事はすべて削除しましょう。

Wordpress 記事の削除
WordPress 記事の削除

不要な記事をすべて削除できたら、新しい記事を書いていきましょう。

※私は今回、約20記事を削除しました(2019年8月5日 現在)。

以上、ココまでです。

WordPressのウィジェットを編集(改訂)する

WordPressでウィジェット機能を使っている人は多いですよね。

そこで、 サイト改訂=「ウィジェットの改訂」もしなければなりません。

ウィジェットに入力しているようなことは、外観に関係してくることが多いですね。

「外観」=「読者さんから見える画面」なので、ウィジェットの改訂は、しっかり済ませておく必要があります。

Wordpress ウィジェットの編集
WordPress ウィジェットの編集

ウィジェットについては、自分が必要だと思う項目のみを編集(改訂)しましょう。

WordPressのライディングページを編集(改訂)する

WordPressの ライディングページも編集(改訂)しましょう。

※ライディングページは、自己紹介文やサイトの説明文、特別なページです。

Wordpress ライディングページの編集
WordPress ライディングページの編集

ライディングページは、通常の記事作成と同じように編集すれば良いです。

以上、ココまでです。

Googleサーチコンソール「サイト名の改訂」

Googleサーチコンソールでは、 「URL検査」「サイトマップを再インデックス」の2つの作業 が必要です。

Googleサーチコンソール:「URL検査」「サイトマップを再インデックス」
Googleサーチコンソール:「URL検査」「サイトマップを再インデックス」

以上、ココまでです。

ASP「サイト名の改訂」:例としてA8.net

アフィリエイトをしているのであれば、 ASPを使っていますよね。

Wikipediaより:ASP(アプリケーションサービスプロバイダ

ということで、サイト名を編集(改訂)したら、 ASPに登録しているサイト名も合わせて編集(改訂)しておきましょう。

それでは、さっそく始めます。

今回は、代表的なASPであるA8.net を例にして、解説していきます。

まず、A8.net を開きます。

引用元:公式 A8.net
引用元:公式 A8.net

上記の画面の「サイト情報の登録・修正」をクリックします。

引用元:公式 A8.net
引用元:公式 A8.net

ログインします。

引用元:公式 A8.net
引用元:公式 A8.net

今回は、サイト名「Travel channel」を「misa channel」へ変更しますので、上記の画面の「修正する」をクリックします。

引用元:公式 A8.net
引用元:公式 A8.net
引用元:公式 A8.net
引用元:公式 A8.net

サイト名の変更と共に、サイト紹介文も編集(改訂)しました。

編集(改訂)ができたら、さいごに「上記内容を登録する」をクリックします。

おつかれさまでした。

以上、ココまでです。

SNSにサイトを載せている場合:「サイト名の改訂」をお知らせするべき。

SNS
SNS

最近では、サイト(ブログ)とSNSを連携させている人も多いのではないでしょうか。

ということで、FacebookTwitterInstagram、そしてYouTube公式LINEなどのSNSにサイトを載せている場合は、サイト名の改訂をお知らせするべきです。

WordpresとSNSの連携 アイキャッチ画像

WordPress(ワードプレス)とSNSの連携を徹底解説!【総まとめ】

※当サイトは、Twitter・Facebook・Instagram・YouTubeと連携しています(2019年8月5日 現在)。

WordPressのデフォルトカテゴリーの編集

サイト名やキャッチフレーズの変更に伴い、 カテゴリーも編集していかなければなりません。

そこで、 カテゴリーの編集方法を解説していきます。

※今回は、サイト改訂する私のサイト「misatrombone.com」の画面です。

まずは、Wordpressを開きます→「投稿」の中の「カテゴリー」をクリックします。

Wordpressのカテゴリー編集
WordPressのカテゴリー編集

そうすると、 カテゴリーを編集できる画面になります。

Wordpressのカテゴリー編集
WordPressのカテゴリー編集

上記の画面へ、それぞれの項目を入力していきます。

※私が今回入力したのは、以下です。

Wordpressのカテゴリー編集
WordPressのカテゴリー編集

以上のように、すべての項目を入力できたら「新規カテゴリーを追加」をクリックします。

これで、カテゴリーの編集は完了です。

ですが、念のため、これが デフォルトカテゴリーに反映されているのか確認しておきます。

改めてWordPressを開きます→管理画面の「設定」の中の「一般」をクリックします。

Wordpressのカテゴリー編集
WordPressのカテゴリー編集

上記の画面をご覧ください。

デフォルトカテゴリーの項目が「misa channel」へ変更されていることが確認できました。

これで、デフォルトカテゴリーの編集は 完了です。

外観の編集(改訂)をする

サイト改訂に合わせて、 外観も編集しましょう。

外観は、背景の画像、広告の種類や配置などです。

外観の改訂をするときに、どこから編集すれば良いのか?!は、使っているテーマによりますので、個々で編集してみてください。

ちなみに。私が使っているテーマWordPressテーマ「ストーク」 では、外観はウィジェットで簡単に変更することができるので便利です。

テーマ「ストーク」のウィジェット機能
テーマ「ストーク」のウィジェット機能 misatrombone.com

以上、ココまでです。

それでは、さいごにまとめます。

まとめ

チェンジ
チェンジ

今回は、 WordPressでサイト改訂「サイト名を変更後にするべきこと」をすべてまとめて解説しました。

もう言うまでもなく、サイト改訂というのは、とても大変なことです。サイト改訂では、本当にやるべきことが多い…と、身をもって経験したので、もうこれ以上はサイト改訂はしたくないです(笑)

サイト改訂をするべきかどうか?!迷ったら、よく検討してみてください。

それでは、今回はココまで。

今回の記事が、たくさんの人に役立てば幸いです。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください