「ノマド生活」はコチラ

ライティングの基本的な「記事の構造式」と「見出しの付け方」とは?!【WordPress(ワードプレス)】

ライティングの構造式 アイキャッチ画像
ライティングの構造式 アイキャッチ画像

現在、まさに通勤途中の電車の乗り換えホームにてライティングです。

あ、電車が来ました。

とりあえず電車乗り換えまして。

今回の本題 ライティングの基本的な「記事の構造式」と「見出しの付け方」に入っていきます。

「ライティング=記事の作成」は自由?!

ライター、ライティング

さて、みなさんは記事を作成するときに、どのような方法でどのように作成していますでしょうか。

まぁ記事の作成なんて、正解が無いっちゃ無いですし、ホンマに自由です。

自由、そう自分の思うがままに自由に書けばイイんです。

しかし、 自分が書いた記事をたくさんの方に読んでいだきたいとお考えの方へ

そんな方には、やはり ある程度記事の構造を整えたほうが読者さんにとって読みやすい記事になるはずですよね。

そこで、今回は 記事の構造式と勝手に私が題しまして、記事を作成するときの基本的な構造式をお伝えしたいと思います。

それでは、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

「ライティング」の構造式

構造

前項でも述べましたが、ライティングにおいて たくさんの方へ読んでいただける記事を作成したいという方は、この先を読み進めてください

※ もし、そんなこと↑はどうでもいい…とか独自性をバンバン出した記事にしたい方がおられましたら、この先は読まないほうが良いです。

それでは、気持ちを前向きに ライティングの構造式についてお話していきます。

私が伝えたいライティングの構造式は、こちらです(⇩)

~ ライティングの構造式【基本】~

タイトル

前菜的な文章(読者さんにとって読みやすくなりそうな文章)

見出し(中)

 見出し(中)についての総合的な文章

見出し(小)

 見出し(小)についての総合的な文章

見出し(小)

 見出し(小)についての総合的な文章

見出し(中)

 見出し(中)についての総合的な文章

見出し(小)

 見出し(小)についての総合的な文章

見出し(小)

 見出し(小)についての総合的な文章

見出し(中)

 見出し(中)についての総合的な文章

見出し(小)

 見出し(小)についての総合的な文章

見出し(小)

 見出し(小)についての総合的な文章

見出し(中):まとめ(さいごに)

見出し(中):まとめについての総合的な文章

以上の構造をひとつの記事として書いていきます

しかし、これだけではわかりにくいかもしれませんので、次項にて 見出しについて補足をしていきます。

スポンサーリンク

「見出し」について

記事を作成するにあたり、 見出しはとても大切です

「見出し=インデックス」です

インターネットの世界であろうが・紙の世界であろうが 見出しが大切です

それはなぜか?!

見出しを作成(設置)することには、メリットがあるからです

それでは、その 見出しのメリットについてお話をしていきます。

「見出しを作成(設置)すること」のメリット

見出しを作成(設置)する

まずは、 見出しのメリットからお話をします。

「見出し」のメリット
  • 読者さんにとって、読みやすい記事になる
  • 読者さんが読みたい部分だけを読むことができる
  • ライターにとって、自分のなかで記事の整理整頓ができる

以上のように、見出しはを作成(設置)することは、読者さんにとってもライターにとってもメリットがあります

見出しのメリットについては以上です。

しかし、見出しを使うにあたり、推奨したいルールがありますので、以下でそのお話をしていきます。

「見出し」の使用方法(推奨ルール)

ルールを知る

見出しについては、いくつか知っておかなければならないことがあります。

まず、一番大きな見出し(WordPressで言うと「見出し1」)は、基本的には使いません

見出しについては、 2番目に大きな見出し(WordPressで言うと「見出し2」)から使います

「見出し2」=見出し(中)にあたります

「見出し3」=見出し(小) にあたります

「見出し2」や「見出し3」に関してはよく使います

しかし、それ以上に小さな見出し(見出し4,見出し5,見出し6…)については、個人的にはおすすめできません

それはなぜか?!

見出しを細かくしすぎてしまうと、逆にわかりづらくなって、読者さんが疲れてしまうからです

今まさにこの記事を読んでくださっている方の多くは、これからライティングをしたい方・ライティングしているけど悩みがある方などと思います。

しかし、ここで一瞬、ライター側から離れて→読者さん側の気持ちになってみましょう

…いかがでしょうか

見出しがたくさん在りすぎる記事って、逆に読みにくいと思います

では、どの見出しをどのくらいの数にしたらいいんや?!ということですが…

これは 経験が必要です

なんでもかんでも最初からすべてできる人なんていません。もし、そんな人が居たら天才です。

ということで、今回はライティングにおいて最低限必要な 見出しを作成(設置)することをお伝えしましたので、ここまでとしておきます。

スポンサーリンク

まとめ

ライティング中

それでは、今回のまとめです。

今回は、 ライティングにおける基本的な構造式 見出しについてお話しました。

まずは「記事の構造式」を把握し、そして「見出し=インデックス」を大切にすることです。

さいごに…

この記事の最初のほうでお話しましたが、この記事はあくまでも自分が書いた記事をたくさんの方に読んでいただきたい思いのある方だけ適応可です

くれぐれも、そんなこと↑はどうでもいい・独自性さえあればいいと思っている方には適しない記事の作成方法なので、ご理解ください。

それでは、より魅力あるライティングをしていきましょう

今回の記事が、少しでも多くの方の役に立てたならば、幸いです。

見出し 設定方法 魅力的な見出し アイキャッチ画像

WordPressの「見出し」を徹底解説します!見出しの設定方法、見出しの大切さ、魅力的な見出しの書き方!

Wordpress全体像 アイキャッチ画像

WordPressとは?!これを読めばWordPressの全体像を理解できる!【WordPress(ワードプレス)】

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください