「ノマド生活」はコチラ

独自SSL(TLS)化する方法(エックスサーバーで)を解説します!簡単です!

独自SSL(TLS)化する方法 アイキャッチ画像
独自SSL(TLS)化する方法 アイキャッチ画像

こんにちは。misaです。

今回は、エックスサーバー 独自SSL化する方法を解説していきます。

と、その前に 独自SSL化についても解説していきます。

※2018年7月以降は、SSL化が必須となったので、ぜひSSL化はやっておきましょう。

SSL化(TLS)とは?!独自SSL(TLS)化とは?!

SSL化(http→https)
SSL化(http→https)

サイトを立ちあげた時点で、まず SSL(TLS)化が必須だと世の中でよく言われていますが、SSL化はやはり必須なのです。

それはなぜか⁈

「SSL(TLS)化=インターネット上で情報を送受信するときに、情報を暗号化して、情報を保護するための通信技術のこと」だからです。

たとえば、個人情報やクレジットカードの情報など特に保護しなければならない情報を扱う場合には、SSL(TLS)化は必須です。

しかし、このような特に保護しなければならないような情報以外の場合でも、Google検索で2018年7月からはSSL(TLS)化は必須です。

結論、どんな場合であっても SSL(TLS)化は必須です。

そして、さきほどから「SSL(TLS)化」としていますが、つまり「SSL(Secure Sockets Layer)=TLS(Transport Layer Security)」です。

SSLはバージョンを重ねてきましたが、バージョン3.0以降からは「TLS」と名前が変更されました。

しかし、TLSへ名前が変更されてからも 未だに「SSL」と呼ばれていることが多いです。

以後、「SSL」に統一して解説していきます

と、ここで SSL化とはいえ、共有SSLと独自SSLがあることをご存知でしょうか。

共有SSLと独自SSLの違い

「共有SSL」とは、SSL証明書を複数のユーザーで使用することになります。

結論としては、共有SSLはおすすめしません。

注意
共有SSLのデメリット

  • 独自ドメインが使えない。
  • 身分証明の保証が取れない。
  • 「同じサーバー(第三者)によるCookieの盗聴」の恐れがある。

※共有SSLのメリットが無いです。

一方で、独自SSLとは、共有SSLとは反対のことが言えるので、結論としては、 独自SSLがおすすめです。

独自ドメインを使うことができる=独自SSL化ができるということです。

サイト構築にあたり、そのサイトを自分のものだけにしたい場合は独自ドメインを取得することになりますが、そうなると、自然な流れで「独自SSL化」のほうをすることになります

「SSL化されているかどうか」の確認はどこでわかる⁈

「SSL化されているかどうか」を確認する方法は、2点あります。

SSL化の確認方法(2点)
  • URLの最初を見る(http SSL化されていない /  https SSL化されている
  • URLの最初を見る( 鍵マークがあれば、SSL化されている

URLの最初を見れば、一目瞭然でSSL化されているかどうかが確認できます。

ちなみに、当サイトでは、以下のように SSL化済みであることを確認していただけます。

SSL化の確認(当サイト https://misatrombone.jp)
SSL化の確認(当サイト https://misatrombone.jp)

SSL化の種類

SSL化の種類ですが、大きく分けて3種類あります。

  • ドメイン認証型SSL
  • 企業認証型SSLサーバ証明書
  • EV SSL(Extented Validation SSL)

ここで、どれが重要か⁈というと…

  • 個人で運営する場合: ドメイン認証型SSL
  • 会社で運営する場合:(ドメイン認証型SSL)、企業認証型SSLサーバ証明書、EV SSL(Extented Validation SSL)

個人で運営していくのであれば、ドメイン認証型SSLということになります。

企業認証型SSLサーバ証明書、EV SSL(Extented Validation SSL)の場合には、その会社(団体)が実際にあることやその活動状況や実態などが審査対象になります。これら2つでは、価格も上がりますが、信頼性が高くなるメリットがあります。

SSL化の種類は大きく分けて3種類ですが、どれにしろ 情報を暗号化してサイトを保護してくれる(守ってくれる)=SSL化してくれる度合いは変わらないので、ドメイン認証型SSLで充分です。

それでは次項で、いよいよ 独自SSL化する方法(エックスサーバー で)【詳細な手順】を解説していきます。

スポンサーリンク

独自SSL化する方法(エックスサーバー で)【詳細な手順】

まずは、エックスサーバー の「サーバーパネル」へログインしましょう。

エックスサーバーの「サーバーパネル」ログイン前の画面
エックスサーバーの「サーバーパネル」ログイン前の画面

ログインしたら、以下の画面になります。

引用元:公式 エックスサーバー
引用元:公式 エックスサーバー

上記の画面の 「SSL設定」をクリックしましょう。

そうすると、以下の画面になります。

引用元:公式 エックスサーバー
引用元:公式 エックスサーバー

※上記の画面に表示されているドメイン4つは、私が所有しているドメインです。

今回は、これら4つのドメインのうち「独自ドメインであるnomadsite.net」の 独自SSL設定をしていきます。

なので、nomadsite.net「選択する」をクリックします。

そうすると、以下の画面になります。

引用元:公式 エックスサーバー
引用元:公式 エックスサーバー

上記の画面で、このまま「追加する」をクリックします。

そうすると、以下の画面になります。

引用元:公式 エックスサーバー
引用元:公式 エックスサーバー

SSL新規取得には、少しお時間がかかる場合があります。

しばらくすると、以下の画面になります( 独自SSL設定が完了しました)。

引用元:公式 エックスサーバー
引用元:公式 エックスサーバー

ここで、念のため、上記の画面右下「戻る」をクリックしましょう。

そうすると、以下の画面になります。

引用元:公式 エックスサーバー
引用元:公式 エックスサーバー

上記の画面では まだ反映待ち状態です。

しかし、数時間後に もう一度エックスサーバーの「サーバーパネル」へログインして確認したところ、nomadsite.netの独自SSL化がしっかりと設定完了になっていました(以下の画面2枚)

引用元:公式 エックスサーバー(nomadsite.net 独自SSL化の完了)
引用元:公式 エックスサーバー(nomadsite.net 独自SSL化の完了)
引用元:公式 エックスサーバー(nomadsite.net 独自SSL化の完了)
引用元:公式 エックスサーバー(nomadsite.net 独自SSL化の完了)

以上で、 独自SSL化す る方法( エックスサーバー で)は完了です。

おつかれさまでした。

それでは、さいごにまとめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、エックスサーバー 独自SSL化する方法を解説しました。

また、「SSL化」の重要性も理解していただけたのではないでしょうか。

SSL化がされている場合とされていない場合とでは、自分自身はもちろんのことですが、読者さんにも大きな影響を与えることになります。

なので、やはり「SSL化」は必須ですね。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください