「ノマド生活」はコチラ

薬剤師の転職で「転職支援会社を通したほうが良い理由」メリット5選はコレ!

転職支援会社を通す メリット アイキャッチ画像

こんにちは。薬剤師ライターのmisaです。

薬剤師のみなさん お仕事、お互いに おつかれさまです。

今回は「転職」を考えている薬剤師のみなさんへ

それでは、さっそくお話していきます。

ぜひ一読していただき、今後の参考にしていただければ幸いです。

「転職支援会社を通したほうが良い」メリット5選はコレ!

転職支援会社へ登録・相談 薬剤師

転職のとき、どうやって転職活動をしようか悩みませんか。

あるいは、もう転職活動を始めている方はどのような方法で転職活動をしているのでしょうか。

自分で探す方法、ハローワーク求人で探す方法、あるいは 転職支援会社に登録して求人案件を出してもらう方法などさまざまな方法があると思います。

私は、今までの経験からすると、自分だけで転職活動するよりも、断然「 転職支援会社を通したほうが良い」という結論に至りました

その理由は、以下のメリット(主に5項目)を実感したからです。

転職支援会社を通したほうが良いメリット(主に5項目)
  • 転職のときに企業側へ直接聞きにくい事項(給与交渉など)であっても、よほどのことがない限りは転職支援会社から企業側へ聞いていただける
  • 転職支援会社を通しての入社であると、いざ辞めたいときにスムーズに辞めることができる
  • 転職支援会社から企業側への事前の質問のときに、自分の本名を出さなくても良いメリットがある
  • 転職支援会社によっては派遣の案件も取り扱っている場合もある。
  • 自分ひとりの意見も良いが、転職支援会社の意見や薬局業界の現求人状況のお話などを広く聞くことができる。

それでは、ここからは上記それぞれについて、もっと具体的にお話していきたいと思います。

※もうここまでで充分という方は、ここまででOKです。

※具体例を知っておきたい方は、ここから先もお付き合いください。

スポンサーリンク

転職支援会社から企業側へ聞いていただける事項

転職のときに企業側へ直接聞きにくい事項、ありますよね。

例えば、給与のことだったり。そのほか、実際に残業時間がどのくらい発生しているのかだったり。

転職支援会社を通すと、 転職の面接時より前の時点で転職支援会社から企業側(薬局)へ知っておきたいことを事前に聞いていただけます

これは、転職支援会社を通す最大のメリットです

この面接前の時点での情報により「ここは自分の希望に合わないからやめておこう」と判断がつきやすくなります。

もちろん、実際に入社してからしかわからない事項はどの企業にもあると思いますが、それを少しでも事前に知っておくことで、自分の希望との差を最小限になくすことができます。

私が実際に、転職の面接前に転職支援会社から企業側(薬局)へ聞いていただいた主な項目はこちら10点です(⇩)

  • 実際発生している残業時間
  • 土曜日の出勤頻度
  • シフト希望が出せる日数(1ヶ月のうち)
  • 給与(年々増えるのかなども含めて)
  • その店舗での現薬剤師の人数(正社員が何人、パートが何人など)
  • 処方箋枚数(1ヶ月単位で/1日単位で)
  • 処方箋科目(門前、広域)
  • 分包機の種類
  • 通勤手段(車での出勤も可能なのかどうか)
  • 在宅業務(個人宅、施設)、かかりつけ薬剤師の体制について

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

転職支援会社を通しての入社であると退職時がスムーズ

転職支援会社を通しての入社であると退職時がスムーズである、これも結構大きなメリットです。

特に正社員の場合はなかなか辞めさせてくれない企業もありますので、転職は転職支援会社を通しての入社にしておくべきです。

私は、これを本当に実感しました。転職支援会社を通しての入社にしておいて本当に良かったです

自分ひとりだったらなかなか退職させてもらえなかったと思います。

退職のときの注意点

私が実際に経験したことを元に退職のときの注意点を書いておきます。

日本の法律上では(2018年12月の現時点では)、辞めたい日の14日間より以前に退職届を会社へ提出しておけば退職できます。

このときの注意点としては、退職願ではなく退職を提出することです。退職願では辞めさせてくれない場合もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

事前の質問のときに、自分の本名を出さなくても良いメリットがある

前々項で述べました「転職支援会社から企業側へ聞いていただける事項」ですが、転職支援会社を通していると、 自分の本名を出さなくて良いメリットがあります

もし転職支援会社を通さずに自分で企業側(薬局)へ直接聞くとなると、当然、自分の名前を伝えることになりますよね。それでも、その企業(薬局)へ入社すると決めれば、あとあとギクシャクすることは無いです。

しかし、転職支援会社を通さない場合で、もしその企業(薬局)へ入社しないとなったときに、少しギクシャクするということもあります。

このような事態に陥らないように、転職支援会社を通すべきと言えます。

派遣の案件

転職支援会社と聞いたら、本当に転職だけを扱っているイメージが強いと思います。

しかし、転職支援会社によっては 派遣の案件も取り扱っている場合もあります

私は、さまざまな転職支援会社に登録して実際に頼りにさせていただいた経験があります。

ですので、どこの転職支援会社が派遣の案件を取り扱っているのか、ほぼ把握しています。

派遣の案件が気になっている方は、ぜひさまざまな転職支援会社へ「派遣の案件の取り扱いがあるのかどうか」ぜひ一度聞いてみてください。

また、派遣を利用するおすすめの方法としては、例えば「常勤で働きたいけど、なかなか決まらない。だけど、収入が無くなるのは困る(間が空くのは困る)。」こんなときに派遣の案件がないかどうか、ぜひ転職支援会社へ聞いてみてください。

派遣薬剤師について詳しくはこちら(⇩)

転職支援会社の意見/薬局業界の現求人状況

やはり処方箋が院内処方箋から院外処方箋へ大きく変わってきた医薬分業のときからでしょうか。

薬局業界は目まぐるしく変化を遂げています。

その薬剤師求人の最新情報をまとめて教えてくださる存在が、転職支援会社です。

転職支援会社に登録→相談するメリット「転職支援会社の意見を聞く」「薬局業界の現求人状況を把握」はこちら(⇩)

転職支援会社へ登録したほうが良いメリット!「転職支援会社の意見を聞く」「薬局業界の現求人状況の把握」

まとめ

転職成功

今回は、 薬剤師の転職で「転職支援会社を通したほうが良い理由」メリット5選はコレ!をお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

薬剤師の転職は、けっこう特殊な業界です。

だからこそ、 転職支援会社を通すメリットは多いと言えます。

むしろ、私は転職支援会社を通さなかった過去の経験から、やはり 転職支援会社を通すべきという結論に至りました

実際に転職時は、転職支援会社を頼りにさせていただいてます。

この場をお借りしまして、転職支援会社のスタッフさんへ「お世話になっております。ありがとうございます」。

それでは、薬剤師のみなさんの良き転職を願っています。

薬剤師の転職のときに気をつけておくべきこと(主に10選)を徹底解説します!

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください