「ノマド生活」はコチラ

転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ2】

転職する前にするべきこと ステップ2 アイキャッチ画像

こんにちは。薬剤師ライターのmisaです。

みなさん、転職の準備は進んでいますでしょうか。

今回は、転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ2】です。

この転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!シリーズは、以下3段階のステップでまとめています。

  • 転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ1】
  • 転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ2】
  • 転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ3】

ですので、3段階のステップを順番に読み進めていただきたいと思います。

転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ1】

もしまだ【ステップ1】を読んでいない場合は、ぜひ【ステップ1】から読み進めてください。

転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ1】

スポンサーリンク

転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ2】

それでは、【ステップ1】で現状把握をしたところで、これから【ステップ2】へ移りましょう。

現状把握から明らかになった自分の思いを、どう改善していくのかという方向性を決めるのが【ステップ2】です。

【ステップ1】で例としてあげた10点について、それぞれの【ステップ2】を考えていきたいと思います。

が、10点すべてについては膨大なお話内容になってしまいますので、今回は上から3点についてお話していきます(⇩)

  • 「残業が多い」場合
  • 「ノー残業デーという曜日が会社で設定されているにも関わらず、仕事量は今までと変わらないので大変なだけ」の場合
  • 「会社そのものに行きたくない(会社を辞めたい)」場合

それでは、上記3点それぞれについてどう改善していくのかをお話します。

「残業が多い」場合

残業が多い

まずは、「残業が多い」場合についてです。

残業が多くて不満である、残業が多いから体調不良になりやすい(身体がついていかない)などの悩みをもっている方へ。

体力がついていっているときは、まだ100歩ゆずって大丈夫ですが。

身体がついていかないほどの過労の場合、やはり現状を変えなければならないと強く思いますよね。

そんなとき、大きく2つに別れると思います。

  • 現会社そのものには所属しておきたいけれど、今のままでは体力的にキツイ状況である。
  • 現会社を退職(離職)し、転職したい。

上記のうち前者の場合は、現会社に「雇用形態」を変えてもらう申請・相談をしましょう。

雇用形態には、正社員・準社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなどがあります。

会社によっては取り扱っていない雇用形態もありますが(特に準社員制度)、その会社に本当に残りたいのであれば、相談してみる価値はあるでしょう。

また、上記のうち後者の場合には、転職の【ステップ1】【ステップ2】【ステップ3】を順に踏んで実践してみてください。

「ノー残業デーという曜日が会社で設定されているにも関わらず、仕事量は今までと変わらないので大変なだけ」の場合

ノー残業デー

「ノー残業デーという曜日が会社で設定されているにも関わらず、仕事量は今までと変わらないので大変なだけ」、これが現状の日本でもっとも悩みとして多いかもしれません。

私が今までに耳にした話では(⇩)

ある会社の正社員の方のお話だと、例えば「お客さま・患者さまの対応であっても残業が3時間を超えた場合は始末書を書かされる」ということもあるそうです。

仮に、命が関わっていない仕事内容ならまだしも、命に関わる仕事内容だった場合、どうでしょうか。

かなり恐ろしいですよね( ;∀;)

そんな考え方をもっている会社に所属していて、果たして自分はこのままで良いのか。と、もしミラが仮にその会社に所属していたとしたら、そう思います。そして、転職を考え始めます

ノー残業デーというのは、仕事量がそれに合わせて減った場合に実現できることですよね

とまぁこれは、真面目にコツコツを働いている場合のみのお話です。

なかには、もう少し効率良く仕事できるでしょう、改善点たくさんあるよっていう場合もあると思います。

まぁそれはそうと、真面目に働いているにも関わらず、そんな理不尽なことを言われたら仕事のやる気が失われてしまいますよね

ということで、「ノー残業デーという曜日が会社で設定されているにも関わらず、仕事量は今までと変わらないので大変なだけ」の場合の別れ道は2つです。

  • 現状そのままを維持(会社のルールなので仕方がないとあきらめる)
  • 転職をする。

会社のルールっていうのは、早々になかなか変わらないものです。大企業であればあるほど、そんな傾向にあります。

さらに言うと、やはり会社側にとって都合の良いルールというのは一度決まると、雇われ側にとって良い方向へはなかなか変わらないです。

しかし、例えば会社の方針やルールが大きく変わるときと言えば「代表取締役社長が変わるとき」です

このときだけとは言いませんが、このときだけは「今後の会社方針の変更に期待しよう」とミラは思います。

「会社そのものに行きたくない(会社を辞めたい)」場合

会社に行きたくない

「会社そのものに行きたくない(会社を辞めたい)」場合、これは結構ヤバイ状況ですよね。

そもそもこう思ってしまった原因をまずは細かく明確にしていくことが大切です。

例えば・・・

  • 人間関係に悩みすぎている
  • 会社に行く時間に合わせて起きるのが苦痛だ
  • 今の仕事内容が自分には合っていないような気がする

以上、3点の例をあげてみました。

人間関係にもいろいろありますが、もしも人と話すことに疲れてしまったという場合は自分で独立して仕事をすることをおすすめします

独立するにもさまざまな選択肢があると思いますが、現状それこそネットの時代なので、ユーチューバーになったりとかもできますね。

そのほか、生身で人に合わなくてもネットだけで完結するような仕事もさまざまあると思います。

また、会社に行く時間に合わせて起きるのが苦痛だという方にも、上記でお話したことがおすすめです。

では、今の仕事内容が自分には合っていないような気がするという方へ。やはり転職または独立することをおすすめします

スポンサーリンク

転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ3】

それでは、【ステップ1】→【ステップ2】を読んでいただいた方は、【ステップ3】をご覧ください(⇩)

転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ3】

【ステップ3】までで終了です

スポンサーリンク

まとめ

考える 考察する

転職するかしないか?!転職する前に考え直すべきことは?!【ステップ2】はいかがでしたでしょうか。

【ステップ2】では、どう改善していくのかという方向性を決めることです。

他にも具体例についてお話しようと思ったのですが、思いのほかここまでで長文となってしましましたので、今回はここまでで終わりにしておきます。

それでは、みなさんの転職に少しでも役立てていただければ、幸いです。

最後までご清視ありがとうございました。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください