「ノマド生活」はコチラ

【薬剤師の転職】どの転職支援会社が良いのか?!見極めるべきポイントとは?!

こんにちは。misa(@misatrombone)です。

薬剤師のみなさんへ。

「転職したい」と思ったときに、転職支援会社を頼りにしていますでしょうか。

実際には、転職支援会社を通しているという薬剤師さんは多いと思いますが、「どの転職支援会社が良いのか?!わからない」と言った声も多く耳にします。

ということで、今回は【薬剤師の転職】どの転職支援会社が良いのか?!おさえておくべきポイントとは?!をお話していきます。

【薬剤師の転職】転職支援会社を選択するときのポイント

まずは、結論です。

転職支援会社を選択するときのポイントは、5選です。

転職支援会社を選択するときのポイント【5選】
  • 転職支援会社そのものが、「正規雇用(正社員やパートなど)向けの案件を取り扱っているのか、または非正規雇用(派遣)向けの案件を取り扱っているのか、またはその両方を取り扱っているのか」を確認する。
  • 転職支援会社が案件を取り扱っている地域を確認する。
  • 転職支援会社の本社や支社がどこにあるのかを確認する。
  • 転職支援会社のスタッフさんが、どういう体制なのか(どのように担当を割り振りしているのか)を確認する。
  • 担当となってくれる転職支援会社のスタッフさんの経験値を確認する。

上記の5選について、それぞれ解説していきます。

ポイント①:雇用形態

雇用
雇用

転職支援会社が【派遣】を取り扱っていない場合があるので、要注意です。

転職支援会社は、世の中にとてもたくさんありますよね。

薬剤師の転職支援会社に絞ったとしても、とてもたくさんの転職支援会社がありますが。

【派遣】の薬剤師で働きたい場合だけは、転職支援会社に「派遣の案件を取り扱っていますか」と直接聞くようにしましょう。

ちなみに、私の経験からすると、派遣の案件を取り扱っていない転職支援会社=マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師です。

※もし、正社員やパートでの転職を考えているのであれば、このポイントを考える必要は無いです。

ポイント②:地域

強化
強化

転職支援会社の取り扱っている案件そのものが、どこの地域に強いのか?!を確認すること。

転職支援会社によっては、案件そのものがある地域に特化している場合があります。

たとえば、案件そのものが関西地域に特化しているなどです。

また、どの地域に強いのか?!ということもあります。

その例としては、私の経験からすると、リクナビ薬剤師は本社が東京にあるので、関東地域に強いです(リクナビ薬剤師は、関西に支社が無いので、関西地域に弱めです)。

ポイント③:本社や支社がある場所

場所
場所

転職支援会社(本社や支社)が存在する地域を確認すること。

転職支援会社(本社や支社)が存在する地域を確認することがなぜ重要なのか?!

それは、転職支援会社との面談転職活動の面接時の同行をしていただけるのかどうか?!ということに影響するからです。

たとえば、転職支援会社が東京にしかないという場合、関西地域での転職活動の面接時の同行はしていただけない可能性が高いです(単に距離の問題です)。

さらに言うと、転職支援会社(本社や支社)が東京にしかないという場合、関西では(多くの場合は)その転職支援会社との直接の面談も無く、電話やメールだけで話を進めていくことになります。

転職は、やはり重要なことなので、「転職支援会社のスタッフさんと直接会って面談をすることができる」「転職活動のときに、面談同行していただける」そんな転職支援会社に登録するようにしましょう。

ポイント④:担当体制

担当体制
担当体制

転職支援会社の担当体制がどのようになっているのか?!

転職支援会社の担当体制、つまり「転職支援会社のスタッフさんの薬剤師に対する担当体制」のことです。

たとえば、「転職支援会社の1人のスタッフさんが責任をもって、1人の薬剤師の転職支援をする」あるいは「薬剤師が希望する転職先の地域によって、転職支援会社のスタッフさんが決まっている」など、ということです。

つまり、「薬剤師を中心として、転職支援会社のスタッフさんが決まってくる」あるいは「転職支援会社を中心として、薬剤師が振り分けられる」など、ということです。

この「担当体制」問題なのですが、あまり重要ではないと考える薬剤師さんも多いかと思います。

しかし、実は、県境に住んでいる薬剤師さんにとっては、これは大問題になったりするわけです。

(私は、その経験があります。私が大阪府と兵庫県の県境に住んでいたころ、ある転職支援会社に登録しました→大阪府担当のスタッフさんと兵庫県担当のスタッフさんが各1人いたのですが、結局その2人ともが私の担当についていただくことになりました。ハッキリ言って、手間です。)

なので、できる限り「薬剤師がどこの地域を希望しようが、1人の担当スタッフさんが責任をもって転職支援をしてくれる」転職支援会社を選択するほうが良いでしょう。

ポイント⑤:担当者の経験値

経験値
経験値

転職支援会社の担当スタッフさんの「経験値」を聞いておくことが重要です。

意外と見落としがちなのが、転職支援会社の担当スタッフさんの「経験値」です。

今となっては、私はだいぶ見分けがつくようにもなりましたが。

やはり、何事(なにごと)においても「経験」というものは重要です。

ぜひ、経験値が高いスタッフさんに担当となっていただくことは、ひとつ重要なことです。

もちろん、そのスタッフさんの人柄(ひとがら)にも注目ですが。

もし、あまりにも転職支援の経験が無いスタッフさんであれば「だれか上司に付いていただくことを前提に話を進める」あるいは「担当スタッフさんを別の方へ変更していただく」なども検討する必要があります。

「担当スタッフさんを別の方へ変更していただく」ということは、言いにくいという薬剤師さんもおられるかと思いますが、転職は重要なことなので「自分が納得できる形で転職活動を進めていく」ためにも、ぜひハッキリと言ってみてください。

ちなみに、私は上記のような経験をしました。やはり、言うべきことは言っておいたほうが良いです。

スポンサーリンク

補足:)【薬剤師の転職】参考記事

薬剤師の転職のときに気をつけておくべきこと(主に10選)を徹底解説します!

薬剤師の転職で「転職支援会社を通したほうが良い理由」メリット5選はコレ!

転職支援会社へ登録したほうが良いメリット!「転職支援会社の意見を聞く」「薬局業界の現求人状況の把握」

派遣薬剤師という働き方!派遣薬剤師の詳細情報と時給とは⁈【総まとめ】

薬剤師による薬剤師のための転職!転職を10回以上経験してきた私が徹底解説します!

転職 退職できないときの対処法 アイキャッチ画像

転職するための退職!なかなか退職できないときの対処法とは?!退職願を会社に受理してもらえないときはどうするべき?!

転職に強い薬剤師でも、新卒の3年間は転職しないほうが良い アイキャッチ画像

転職に強い薬剤師でも、新卒の3年間は転職しないほうが良い理由とは?!

スポンサーリンク

まとめ

それでは、今回のまとめです。

転職をするときに、多くの薬剤師は転職支援会社を利用していますが、今回は「転職支援会社を選択するときに見るべきポイント」をまとめました。

(今回の記事は、私の経験から思う押さえておきたいポイントとして執筆しました。)

それでは、今回はココまで。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください