「ノマド生活」はコチラ

薬剤師として働いていないけれど将来は薬剤師として働きたい薬剤師へ向けて、ありがた迷惑ながら助言!

今後 薬剤師の資格を活かす調剤業務を考えている アイキャッチ画像
今後 薬剤師の資格を活かす調剤業務を考えている アイキャッチ画像

こんにちは。薬剤師ライターのmisaです。

今回も、薬剤師による薬剤師のための有益な情報をお届けさせていただきます。

どうぞ よろしくお願いいたします。

さっそくですが、 薬剤師の国家資格をもっているみなさんへ。

現在、薬剤師の資格を活かして働いていますか。

もし現在 薬剤師の資格を使って働いていないけれど、後々は薬剤師の資格を活かして 病院や調剤薬局で働きたいと考えるている薬剤師のみなさんへ。

今回は、 後々に薬剤師の資格を活かして働くにあたって困らないように、ありがた迷惑かもしれませんが(笑)助言させていただきます。

それでは、今回のお題に興味のある薬剤師さん集まれー!ということで、お話をすすめていきます。

薬剤師の資格を活かしていない職業とは?!

MR   研究職
MR   研究職

先ほど 前置きで「現在 薬剤師の資格を使って働いていない方」というフレーズを出しました。

結論、このフレーズに当てはまる代表的な職種が、おそらく MRさん(メディカル レプリゼンタティブ) そして 研究職の薬剤師さんですね。

あ、俺のことか?!私のこと?!と思ったそこの薬剤師さん。

今回は、 後々に薬剤師として働こうと思っているのであれば、この機会に 一読していただきたいと思います。

それでは、お話をすすめていきます。

まずは、MRさんの場合です。

MRさんの場合

たとえば、薬剤師の資格をもっているMRさん。

MRさんは、MR試験を乗り越え、自社製品(主に、医薬品)に特化した専門的知識をもつ職種ですよね。

なので、MRさんは 数ある医薬品のなかで「この医薬品のことは詳しい」というように、医薬品の情報知識としてはピンポイントに詳しいということなので とても狭いですよね。

しかし、プラス思考で考えると、その医薬品のことに関しては かなり勉強をしていて、とても高度な知識をもっていると言えますよね。

ですが、病院や調剤薬局 そしてドラッグストアでは、その狭い知識はハッキリ言って、通用しないです。

というのも、今までに働いた薬局では、MRあがりの薬剤師さん達が 調剤業務やOTC薬の業務に関して とてもしんどい思いをしているのを見てきたからです。

と、ここで、MRさんとまとめてしまっていますが、もちろん 人によって立場は異なりますよね。

しかし、意外にも そのパターンは大きく2つに分けることができます。

それでは、今から その2つのパターン(①②)をご紹介します。

2つのパターン(①②)

  • パターン①:【女性】新卒でMR→結婚を機にMRを退職→出産→子供が2~3歳のときに 初めて調剤薬局で薬剤師の資格を活かして働き始めた。
  • パターン②:【男性】新卒でMR→転職も特にすることなく→早期退職(50歳頃)→そして、初めて調剤薬局で薬剤師の資格を活かして働き始めた。

以上のパターン(①②)をご覧になって いかがでしょうか。

きっとこの2つのパターン(①②)を考えているMRさんは多いと思います。

特に、女性はそうだと思います(パターン①)

しかし、先ほども申しましたが、このようなパターン(①②)で苦労している薬剤師さんは たくさんおられます。

なぜ苦労するか?!というと、MRさんはご自身でわかっておられると思いますが、医薬品の知識をもっているようで、やはりその知識が狭すぎるからです。

なので、その状態(MRあがりそのまま)で、病院や調剤薬局 そしてドラッグストアへ 転職すると、しんどいということになります。

それでは、次に「研究職」の場合のお話をします。

研究職の場合

たとえば、薬剤師の資格をもっている 研究職のみなさん。

薬剤師で研究職の方は、もともと薬剤師として働く気は全く無いという方が正直多いと思います。

しかし、そう思ってはいても なにかのキッカケで、薬剤師の資格を活かして調剤業務をすることになるかもしれません。

で、ですよ?!

結論、研究職ならば、その研究には詳しいけれど、医薬品全般的に知らないというところだと思います。

なので、病院や調剤薬局 そしてドラッグストアへ転職すると、きっと しんどいでしょう。

以上、ココまでは、 薬剤師のMRさん薬剤師の研究職の方について挙げてみましたが、さぁどうすれば良いのか?!ということを、次項でお話していきます。

スポンサーリンク

後々に調剤業務へ転職するなら、どう準備しておけば困らないのか?!

調剤業務 薬剤師 クリーンベンチ 乳鉢と乳棒
調剤業務 薬剤師 クリーンベンチ 乳鉢と乳棒

それでは、ココからは 後々に調剤業務へ転職するなら、どう準備しておけば困らないのか?!についてお話させていただきます。

結論、以下3点の項目 事前にしておけばOKです。

調剤業務へ転職を考えているならば 3点の事前準備をするべき

最重要3点の結論

  • すでに病院や調剤薬局 そしてドラッグストアで働いている薬剤師の友人や上司・後輩から 現場でのお話を聞いておく。
  • 転職支援会社に事前登録しておく(できれば 面談まで済ませておく)。
  • 単発や短期間で 調剤薬局で働くという経験をしておく。

以上、結論を先に述べましたが、具体的にどういうこと?!と思った方は、以下を読み進めていってください。

すでに病院や調剤薬局 そしてドラッグストアで働いている薬剤師の友人や上司・後輩から 現場でのお話を聞いておく。

相談 意見交換 集まり
相談 意見交換 集まり

結論、やはり 現実的な現場の生の声を聞くということが本当にとても参考になるので重要ということです。

前項でも例にあげたMRさん研究職、そしてその他の業界に関しても同様のことが言えると思いますが、同業者は同業者と群れますよね。

どうしても、同業者は同業者と群れる傾向にあると思います。

なぜ群れてしまうのか?!

やはり 苦労話などが共有しやすいからです。

しかし、もし将来的に薬剤師の資格を活かして調剤業務に就こうと思うのであれば、事前準備として それらの現場で現在働いている薬剤師さんに さまざまなことを聞いておくことをおすすめします。

転職支援会社に事前登録しておく(できれば 面談まで済ませておく)。

結論、いますぐ転職を考えていない場合であっても、 薬剤師なら 転職支援会社へ登録を済ませておくべきです。

なぜなら、登録まで済ませておくと いざ転職したいときに すぐ転職活動を始めることができるからです。

で、ここで 事前に登録しておいて大丈夫なのか?!と不思議に思う薬剤師さんもおられるかと思います。

結論、 大丈夫です。むしろ、登録しておきましょう。

転職支援会社へ登録までしておけば、いざ転職したいときに 転職支援会社へ電話やメールを1本するだけで、転職活動をすぐ始めることができます。

あ、別に転職支援会社に頼らなくていいや と思う薬剤師さんもおられると思いますが。

結論、 転職活動をするなら 転職支援会社に頼ることをおすすめします。

しかも、今回の場合だと、おそらく調剤業務への転職が初めてになりますよね。

なので、なおさら 転職支援会社に頼るべきです。

なぜ こんなに転職支援会社をおすすめするのか?!

気になる方は、こちらの関連記事をご覧ください。

転職支援会社へ登録したほうが良いメリット!「転職支援会社の意見を聞く」「薬局業界の現求人状況の把握」

そして、転職支援会社へ 登録をしたら→転職支援会社のスタッフさんと一度だけ 面談をしておきましょう。

面談をしておくことで、転職支援会社が どういう形で案件を出してくれるのか?!など、その転職支援会社のことを詳しく知ることができます。

そして、自分の現在の状況を話しておくこともし転職を本当にしたくなったときはお願いします、ということ伝えておきましょう。

さらに言うと、転職しようかどうか迷っているという相談でも もちろん良いわけですこの場合だと、実際にどういった案件があるのか?!試しに 具体的な案件を提示してもらいましょう

個人的な今までの経験からすると、試しに案件を提示してもらうことは、どこの転職支援会社でも喜んでしていただけます。

ぜひ 事前に転職支援会社へ 登録→面談まで済ませておくことをおすすめします。

単発や短期間で 調剤薬局で働くという経験をしておく。

面談 会社
面談 会社

事前に転職支援会社に登録→面談を済ませたあとのお話をします。

実際に転職をする前にしておいていただきたいことは、結論、事前に病院や調剤薬局 そしてドラッグストアで調剤業務やOTC薬の業務についての 経験をしておくことです。

これらの経験は、できればしておいていただきたいことになります。

事前にそんな経験ができるのか?!と思う方がおられるかもしれません。

しかし、結論、調剤薬局やドラッグストアでの単発派遣や短期間勤務のみの案件があります

単発派遣や短期間勤務の案件の数は多くはないですが、タイミングが合えば、急でも決まります。

個人的な経験からすると、単発派遣で 実際の出勤日の前日に決まったことがあります。

もちろん 2週間や4週間前に決まることもあります。

以上のように、単発派遣や短期間勤務の案件は、正直タイミングだと言えます。

なので、ぜひタイミングが合えば、調剤業務やOTC薬の業務に挑戦してみては いかがでしょうか。

そして、ありがた迷惑かもしれませんが、ここで ひとこと言わせてください。

「経験というものは、全くの0(ゼロ)より 1(イチ)という経験が強みになるということです。

それでは、さいごにまとめです。

スポンサーリンク

まとめ

薬剤師 調剤
薬剤師 調剤

それでは、今回のまとめです。

今回は、現在 薬剤師の資格を使って働いていないけれど、 後々は薬剤師の資格を活かして 病院や調剤薬局で働きたいと考えるている薬剤師のみなさんへ向けて、 後々に薬剤師の資格を活かして働くにあたって困らないように、お話をさせていただきました。

いかがでしたでしょうか。

結論、この記事の後半部分が特に重要です (結論3点:事前準備について)

ぜひ、今後の参考にしていただければ幸いです。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

ボーナス後は求人が増加!薬剤師による薬剤師のための転職助言! アイキャッチ画像

薬剤師の転職はボーナス後がチャンス!ボーナス後は求人が増加!薬剤師による薬剤師のための転職助言!

薬学の専門書 買い取り お得 アイキャッチ画像

薬剤師向け!大学の教科書や国家試験の勉強で活躍した本は眠っていませんか?!

スポンサーリンク




この記事が役に立ったらシェアしてね!

 

#ネットビジネス #コミュニケーション
#ライティング #恋愛・結婚 #男性と女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください